風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ├ 第6話~第10話
CATEGORY ≫ ├ 第6話~第10話
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第6話 呪われた装備

フーア「ただいまー」

シャリム「おかえり~」

hu-

フーア「ふう、今日は大変だったわ」

百花「まさかあんなことがあるなんてね~」

あんなこと?

シャリム「あんなこと?

って、フーアの服、また変わってる」

そうそう

フーア「そうそう。

これで赤メインの服から卒業よっ!

百花(気にしてたのかな・・・)

で

シャリム「で、一体何があったの?」

実は・・・

フーア「いやー、ちょっと呪われちゃってね

の、呪い

シャリム「の、呪い!?」



スポンサーサイト

小話第7話 ぶらり、巡礼の旅(前編)

とうとう

シャリム「とうとうあたしも転職するときが来たよー!」

深澄「ええ、頑張ってきた甲斐があったわね!」

シャリム「うんうん。

てことで、おじいちゃん、転職させて~!」

おじいちゃん?


深澄「こら、シャリム。マスターに向かってそんな呼び方はいけませんよ」

スペルユーザーマスター「いいんじゃよ。もう慣れておるしな」

シャリム「エレメンタラーに転職させてください~」

巡礼

シャリム「じゅんれい?」

深澄「精霊のところへ挨拶に行くってことね」

シャリム「ふむむ」

加護

シャリム「なるほど~。

イマイチよく分からないけど、精霊と会ってくればいいんだね」

深澄「しっかり旅支度をしてから、出かけましょうか」

シャリム「はーい」





小話第7話 ぶらり、巡礼の旅(後編)

挫折

シャリム「あたし、このまま転職しないほうがいいんじゃないかな;」

深澄「どうしてそう思うの?」

シャリム「だって、大変だって聞いたし;」

回想


エレは大変?

深澄「あ・・・さっき言われたことを気にしているの?」

シャリム「うん・・・」

深澄「そんな脅しに負けるなんて、シャリムらしくないわよ。

私がついてるわ、頑張りましょう?」

シャリム「あれ、単なる脅しだったの!?」

深澄「ここでやる気を出すか、あきらめてしまうか、

それを見極めるための試練なのよ、これは」


シャリム「何だ、そうだったんだー。

それなら平気!折角ここまで来たんだし、頑張ってみるっ!!」

深澄「その意気よ!

(この子は単純ね・・・というか、それで納得しちゃうのね・・・)」




小話第8話 行方不明?

久々シャリム

シャリム「何だか久々な登場な気がするよ~」

久々フーア

フーア「教習所通いしてて忙しかったからねえ。

おかげで最近の更新内容、ほとんど教習所に関してだし、

一瞬ここがECOブログなのか分からなくなるわね。

あと少しでこの生活も終わるけど・・・」

シャリム「頑張ってね~」

フーア「頑張ってみる・・・」



小話第9話 捜索中

情報収集開始

フーア「まずは情報収集よね」

百花「だね~」

フーア「アップの街の人には、もうあの人たちが聞いただろうから、

フェイトンに聞いてみるかな」

百花「フェイトン?」

フーア「ダウンタウンの『物知りな男』よ。

フェイトンならアップ・ダウンタウンについて詳しいから、

きっと何か知っているはず」

百花「なる~」

フーア「百花、行くよー」

百花「了解~」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。