風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2007年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年09月
ARCHIVE ≫ 2007年09月
      
≪ 前月 |  2007年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第10話 おとぎの国のシャリム 5

シャリム「・・・ということがあったんだけど、おばさん、何か知らない?

おばさんなら、ひょっとしたら知っているかと思って」

裁縫おばさん「おやおや、また大変なことになっているのね」

困ったことに

裁縫おばさん「どうやらそのネコちゃん、

シャリムちゃんの読んだ本に憑いているみたい」


しかも


おそらく

シャリム「うん。貸本屋さんに聞いたら、

あの本、アクロニア王国について書かれた貴重な本だって言ってた」

深澄「もう、空ったら;」


スポンサーサイト

小話第10.5話 一方遺跡では・・・

遺跡内部1

フーア「あーもう;」

遺跡内部2

フーア「似たような部屋ばかりで分からないわよ;

どうなっているのよここはー;;」


ふう。

フーア「ふう、やっと次の階層へのワープ見つけた・・・。

次でB4階ね。

今まで出てきた敵はそれほど強くなかったけれど、

遺跡の深部に行くほど強いモンスターが出てくるのがお約束。

気をつけていかないと」




小話第10話 おとぎの国のシャリム 4

呪われた城

シャリム「ここが呪われた城かあ・・・アンデッド城っぽいね」

深澄「ええ、そうね」

李闇「シャリム、どうして座りこんでるの?」

シャリム「そりゃあ、

巫女さん達の祈りの歌を聞いている間に

フルフルの攻撃受け続けたら

座って回復したくもなるよ;

死ぬかと思ったし・・・




(注・実話です)



深澄「これでも食べて元気だして」

シャリム「あ、タマゴサンドと高級なジャムだ~!

ジャムってパンにつけてもいいけど、そのまま食べるのもおいしいんだよね~。

いただきまーす」

(もぐもぐもぐ・・・)

朱理「魔王の住む城でランチタイムなんて、

ホント、度胸あるわね」


シャリム「腹が減っては戦はできぬっていうし、いいじゃん。

朱理も食べる?」

朱理「べ、別にそんなもの・・・」

シャリム「じゃあ、残りは深澄と李闇で分けて食べよっか」

朱理「一切れくらいくれたっていいじゃないの!」

シャリム「だって、朱理はいらないって言ったじゃない」

朱理「食べないなんて言ってないわよ!

勿体無いから食べてあげるわっ」


深澄(にこにこ)

小話第10話 おとぎの国のシャリム 3

れっつごー

シャリム「よーし、れっつご~!」

朱理「あれ、そのヘンテコな杖は?」

シャリム「さっき宮殿から出るときに貰ったんだ。

プルル型ってのが変だけど、ここは本の中だし

流れに任せていこうかなあと思って」

朱理「勇者の武器がプルルの杖?かっこ悪い」

シャリム「え、そうかな;

それならいつもの杖にしておこっと・・・」




小話第10話 おとぎの国のシャリム 2

シャリム「・・・・・・」

朱理「こーらー!起きなさいってば!!」

シャリム「うーん・・・まだ食べられるよ~・・・」

深澄「寝言でも食べることばっかりね、この子は;」

李闇「あ、あんなところに巨大なりんごがっ!」

シャリム「え!?どこどこっ??」

りんご?

シャリム「なーんだ、りんごなんてどこにも無いじゃん」

李闇「でも、これでばっちり目が覚めたね」




小話第10話 おとぎの国のシャリム 1

髪型変えました

シャリム「すでに番外編で気づいた人もいると思うけど、髪形変えたよ~」

深澄「勝手に倉庫のヘアカタログ使っちゃったけど、いいの?」

シャリム「使うつもり無いって言ってたし、大丈夫じゃないかな~。

まあ、怒られたらそのときはそのときってことで~

深澄(大丈夫かしら・・・)

逆襲のシナモンフィギュア

作ってみました。
でもって、家の中に置いてみました。


大きい・・・




家の中がかなり狭くなりました。



でもって、家具が潰されかねません。



まだ生で逆襲シナを見たことが無かったので、せめてもとフィギュアを作ってみたのですが・・・。
現状では邪魔になりました(汗)
結局、撤去することに・・・。
ECO | Comments(0) | Trackbacks(-)

お月見とお祭り

昨日は集うの後、ダンプティーアイランドでのお祭りとタイニーアイランドでのお月見に行ってきました。
まずはダンプティーアイランド。

連打!!!

ここでタイピングのゲームをしたり、
(一度変換ミスで間違えました・・・orz)

ちょ、かたっ、強っ;

拳を極めたダンプティーと戦ったり、
(堅い上に魔法痛い・・・ちゃっかり経験値も入ります)

他に、舞台の台本を繋げて完成させたり、ランプを全部点滅させて宝箱を開けたり、といったことをしました。



これらをこなすと、ダンプティーのお面と電光石火スティックがもらえます。

お祭りセット

このスティック、剣のようにも見えますがハンマーです。
イベントでもらえる武器って、ハンマーが多いような・・・。





次はお隣、タイニーアイランドでのお月見。
ECO | Comments(0) | Trackbacks(-)

小話番外編 1

普通免許取得を記念して

フーア「祝・免許取得!!ということで、フレから車を借りてきたよー」

おお~

シャリム「おお~!もう運転できるんだよね~。

車ってどんなの??」

これよっ

フーア「ふふっ、これよっ!」
ECO小話 └ 番外編 | Comments(-) | Trackbacks(-)

祝・免許取得!

こんばんはっ。
今日は免許センターへ行って普通免許取得のための学科試験を受けてきました。
あの辛い18日間が報われるように、何とか一発で合格したいと思い、昨日は黙々と勉強・・・。
その成果が今日、はっきりと現れました。



ストレート合格できたのです!



受かって本当に良かったです。感無量でした。
これで今日から普通の道も車で運転することができます。
といっても、まだ自分の車は持っていないので、毎日乗るということはなさそうですが・・・。
たまには乗らないと感覚を忘れてしまうかもしれないので、注意しなくてはいけませんね。
ホント、肩の荷が下りたような気がします;

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

小話第9話 捜索中

情報収集開始

フーア「まずは情報収集よね」

百花「だね~」

フーア「アップの街の人には、もうあの人たちが聞いただろうから、

フェイトンに聞いてみるかな」

百花「フェイトン?」

フーア「ダウンタウンの『物知りな男』よ。

フェイトンならアップ・ダウンタウンについて詳しいから、

きっと何か知っているはず」

百花「なる~」

フーア「百花、行くよー」

百花「了解~」



地獄の(?)教習所ライフ 18日目

ついに・・・
ついにこの生活に終わりを告げる日がっ!

卒業検定、合格しました!!


私の住んでいる地域では、今日の天気は雨。
視界良好とは言えない中、一抹の不安がありましたが、もう「まな板の鯉」でもいいや!と開き直ることにしました。
その結果。
またしてもトップバッターになってしまったり、踏み切りで対向車に戸惑ったり、方向転換がうまくいかなかったりもしましたが。
合格することができました^^
肩の荷が下りたような気がします・・・。


といっても、まだこれで終わりではありません。
肝心の免許センターでの試験に合格しないと意味が無いです。
ラストスパートだ~。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

地獄の(?)教習所ライフ 17日目

こんばんはっ。
今日は最後の学科の授業と、技能のみきわめがありました。


何とか一発でみきわめがもらえましたが、気分は最・悪
教官がとても嫌なタイプの人だったためです。
一番カチンときた言葉がこれ。



「時間ねえんだからちゃんとやれよ」



これでも自分なりにやってるのよ!

時間足りなくなったのは私だけのせいじゃないっての!!


教官のペース配分だって問題あると思うのですが?
授業時間が過ぎてしまったからといって、こっちに当たらないで欲しいです・・・。
ま、私の運転は決して上手とは言えないので、教官はイライラするかもしれませんね。
でも、言っていいことと悪いことがありますよ。
優しいだけの人はいい先生とは言えないけど、厳しいだけの人もいい先生とは言えないかと。
以前同じ教習所に通ったというバイト先の人曰く、評判悪い教官だったらしいです。

みきわめ合格貰ったので、これ以上うだうだ書くつもりはありません。
でもこれははっきりと言えます。
ああいう人は嫌い。



明日はとうとう卒業検定の日。
不満はここまでにしておいて、気持ちを切り替えないと。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

地獄の(?)教習所ライフ 16日目

こんばんはっ。
今日は路上教習の1つ、高速道路での教習でした。


私は今回、最後に運転することになったのですが、他の人が運転しているとき、眠くて眠くて仕方がなかったです・・・。
でもこれは授業。寝たら当然まずい!ということで、必死に睡魔と闘っていました。
自分の番になってからは、さすがに眠くはなりませんでした。
眠くなるほどの余裕なんてありませんw

初めて100キロ近くのスピードで運転したのですが、速い速い。
普通の道路とは大違いでした。
高速を通るのは初めてじゃないけれど、運転する側になると違いますね。やっぱり。



明日はとうとうみきわめの日。
みきわめで合格できれば、明後日卒業検定を受けることができます。
第一段階ではなかなかみきわめに合格できなかった私ですが、今回はどうなるやら。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

小話第8話 行方不明?

久々シャリム

シャリム「何だか久々な登場な気がするよ~」

久々フーア

フーア「教習所通いしてて忙しかったからねえ。

おかげで最近の更新内容、ほとんど教習所に関してだし、

一瞬ここがECOブログなのか分からなくなるわね。

あと少しでこの生活も終わるけど・・・」

シャリム「頑張ってね~」

フーア「頑張ってみる・・・」



地獄の(?)教習所ライフ 15日目

こんばんは・・・なのかな?
空を見ると微妙な感じです(汗)


今日は応急救護と危険予測について勉強しました。
応急救護は、主に心臓マッサージと人工呼吸について。
危険予測では、シュミレーターでどのように危険に対処するか、また路上での危ない場面はどういうところで起こるか、というようなことをやりました。
危険予測のシュミレーター、人によっては3D酔いするかも;
私は大丈夫だけど・・・。
3人いたなかでトップバッターでシュミレーションを体験して、唯一事故ったのは秘密・・・。

応急救護も危険予測も、3時間連続の授業でした。
危険予測の授業の最後に、危険な箇所についてのディスカッションを行ったのですが、何だか違う方向に・・・。
詳しくは言えませんが、とても濃い内容だったことは確か。

はっきり言って、コメントに困りました。



明日は高速道路での教習があるので、ちょっとどきどきです。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

地獄の(?)教習所ライフ 14日目

こんばんはっ。
最近絶好調寝不足な風藍です(オイ)
学科の時間中うとうとしてしまうこともあるので、気をつけないと・・・。


今日は路上で駐停車と自主経路の技能をやりました。
駐停車はそのまんま、駐車と停車の練習です。
どこでも止めていいというわけではないので、しっかり駐停車禁止の場所を覚えておかなければなりません。
試験に出るということもありますが、免許を取ってからも最低限覚えてないと、危ないですしね。
ちなみに自主経路では、地図を使い自分の現在位置を示すと共に、どのようにして目的地まで行けばいいか、ということを教官に説明しました。
あ、もちろんその後実際に走りましたよw
(帰りにうっかり曲がるべきところを過ぎてしまいそうになりましたが・・・)



今夜は台風が接近しているため、雨風の音が凄いことになってます;
明日の技能大丈夫かな(汗)

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

地獄の(?)教習所ライフ 13日目

こんばんはっ。


今日は方向変換や縦列駐車を所内でやりました。
昼間ではそんなに問題無かったのですが、夜だとよく見えずに四苦八苦・・・。
雨も降っていたのでなおさらでした;
夜の運転って大変なような・・・。

そして、卒業検定を受けるための効果測定もありました。
仮免効果測定ではなかなか合格しなかった私ですが、今回は一発合格!
お昼食べずに勉強したかいがあったなあ(オイ)



もうすぐ高速実習があるのですが、台風が接近しているとのことなのでちょっと心配です(汗)
どうなることやら・・・。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)

地獄の(?)教習所ライフ 9+10+11+12日目

こんばんはっ。
何かと忙しかったもので、数日書くことができませんでした(汗)


みきわめに受からないー!と言っていた私ですが、9日目に何とかみきわめ合格しました。
ぎりぎりって感じでしたが・・・。

10日目に修了検定と仮免学科試験を受験。
先に他人の運転を見られれば落ち着くかなあと思いきや、まさかのトップバッター。
内心かなり焦りながら運転していました;
終わった際に教官から、「もっと勉強しましょうね」と言われたので、こりゃ落ちたなとがっくりしていたのですが、まさかの合格!
いやー、ホント受かるとは思ってなかったのに・・・。
正直言って、高校受験で合格したときより嬉しかったり(オイ)
仮免学科試験も難なく合格し、仮免許がもらえました^^

11日目からは早速路上で運転。
昼間の運転は割りと落ち着いてできたのですが、夜だと怖い怖い・・・。
いやー、車は大抵ライトをつけていて分かるので、それほど怖くはありませんよ。
問題は歩行者と自転車。
歩行者はライトを持って出歩いたりはしないし、結構無灯火の自転車も多かったりと、結構危ないのです。
12日目の今日、特にそれを実感しました;



第2段階に入り、教習所ライフも半分が過ぎました。
今度は延びずに進められたらいいなあ。

日常の事。 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。