風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・3~TOPTOEO ≫ おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・3~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・3~

少々間が空いてしまいましたが、放浪記第3話~。






???「全く、わざわざこんな所に呼び出したと思ったら、そういうことでしたか」
シャリム「だってえ・・・」

助っ人登場!

この人は通称“大佐”。
時々言動がTOAの某大佐に似ていることから、いつのまにかこういう呼び名がついたんだ。
今までブログ内でも何度と無く名前が出てきたけど、色々お世話になっていたんだよね・・・。

大佐「ほら、とっとと行きますよ」
シャリム「え、行き方分かるの?」
大佐「分かりますよ。ついてきてくださいな」



大佐「到着です」

ここも確かに秘密スポットだけど・・・。

シャリム「ここって・・・」
大佐「シー高原マップ上の森を突っ切ると、このようなスペースがあるのですよ。森の中をよーくうろうろしないと見つかりませんね、ここは」
シャリム「えーと・・・」
大佐「?」


シャリム「ここのこと言ったんじゃないんだけど;」


大佐「え」



再びシー高原

シャリム「ここなんだけど・・・」
大佐「・・・・・・」
シャリム「ミニマップだとポータル見えるんだから、どこからか入れると思うんだけど、どうかな?」


大佐「あー、あれは無理ですよ」


シャリム「行けないの?;」


大佐「私も今まで色々怪しいところを散策してきましたけど、向こうへ渡る手段を見つけることは出来ませんでした。おそらく、存在すらしないのでしょう」
シャリム「うー;」



むー、バロール・・・というかインフェリアの七不思議の1つっぽい;;
TOEO | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。