おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・6~

放浪記も後半に突入、な第6話~。


試験的にテキストエディター機能を使ったので、今までとはがらりとレイアウトが変わってます;

ふう、あの後(※前回の最後参照)寝返りうったら海に落ちそうになったよ;


 危なかったあ・・・;


 アルゴル運河


バロールを西に出るとここ、アルゴル運河に入るんだよね。


何気に他マップとの接続が多いマップだったり・・・。


こんなところにも釣りスポットがあるみたいだけど、これだけ盗賊がうろうろしてたら、うかうか釣りなんて出来ないよ;


 サイド半島西部


ここはサイド半島西部。どうやらここは修行の場らしく、あまり広く無い割には人間系モンスターがたくさんいるのw


 邪魔しちゃ悪いから隅っこでのんびり~。


 サイド半島東部


で、こっちがサイド半島東部。


この大きな穴・・・結局何だったんだろう?


これと同じような穴、アンカ海岸にもあったけど、あれはジェネダンへの入り口だったし・・・。


結構深そうだから、今は潜入捜査はやめとこ;


 アティク森林の大工さん


ここはアティク森林。


ここには腕のいい大工さんがいるんだよー。


質のいい魚目の木材しか使わないから、出来もいいみたい♪


 奥に進むと、ちょっとだけ滝も見えたり。


 アティク森林



実はこの滝、カーフ山地にある大滝の右端の部分なんだ。


ミニマップで確認してみると、続いてるのが分かるよー。


 カーフミニマップ
アティクミニマップ


上がカーフ山地、下がアティク森林のミニマップ。


丸付き○つき

よく見ると、黄色い○の部分が重なってるんだ~。


分かりやすいように横に並べてみたんだけど・・・分かるかな?;



ミルファク高地


ここはミルファク高地。


この上に片足を乗っけて膝に手をあててポーズ取ったりしたい・・・。


え、今時そんなことしない?;


 


次回へ続く!

  • Comment:0

Comments 0

Leave a reply