風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・最終回~TOPTOEO ≫ おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・最終回~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おまけその3 ~シャリムのバロール放浪記・最終回~

今思えば、テーマで投稿するのを忘れてた;;な最終話。






ふう、ようやく各地を巡ってバロまで戻ってきた~。
ん?あそこにいるのってもしかして・・・。

バロール闘技場前

シャリム「あ、やっぱりイカサマイズール!」

イズール「げ」

シャリム「何よ『げ』って」


イズール「あの時暴れて

地下養成所を半壊させた上、

昼飯を食い逃げした

魔晶のガキじゃねえか・・・」



シャリム「何も知らない私を騙して連れて行ったほうが悪いんでしょ。

しかもご飯くれないし待遇悪すぎ!


イズール(飯があればいいんかい・・・)
シャリム「で、相変わらずイカサマやってるの?」
イズール「お前の知ったことじゃねえよ」
シャリム「ふーん・・・」
(ケンプファーミトン装備中)
イズール「おい・・・それ中型特化の」


シャリム「ひ弱な私でも、今ならあんた程度、一撃で倒せるよ?

さーて、フリーズランサーで凍らすのがいいか

ダークフォースで吹き飛ばすのがいいか・・・」


イズール「中級晶霊術決定かい!」


シャリム「で、どっちがいい?」
イズール「わーったよ、言えばいいんだろ言えば!
今は悪さはしてねえよ!」
シャリム「ホント?嘘ついてんじゃないの??」
イズール「本当だ。セイファートに誓ってもいいぜ」
シャリム「へえー・・・」
イズール(今は地下養成所の再建で闘技戦士の勧誘どころじゃねえからな・・・
あのガキのせいで一部の人間は逃げ出すわ、ドロンちゃんの飼い主はしょげてるわでいまだに混乱状態だし・・・)


シャリム「ま、今回は『心の広い人』の称号にかけて許してあげる♪」


イズール(ぜってえ広くねえ・・・

広くねえよ・・・)



シャリム「何か言った?」
イズール「い、いや、何でもねえよ」
シャリム「じゃ、またね~」
イズール「ああ・・・じゃあな」
イズール(もう二度と会いたくねえけどな・・・)





さてさて、これで私、シャリムのバロール放浪記は終わり。
私が本格的に活動したのは半年という短い間だったけど、楽しかったな♪
メインのレベルを抜いちゃうくらいだし・・・w
現在私はECO(エミル・クロニクル・オンライン)でドミニオン(悪魔)に転生して、シャーマンとして時々ふらふらしてるよー。
もし見かけたらよろしくね。

長らくこの放浪記にお付き合い下さり、ありがとうございました!
ではでは~。

ありがとうございました!

TOEO | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。