風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第3話 職服!TOP├ 第1話~第5話 ≫ 小話第3話 職服!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第3話 職服!

むかむか

シャリム「あーもー!」

休憩中

フーア「いきなり何よ。びっくりしたじゃない」

いいかげんあたしだって

シャリム「そろそろ職服が着たーい!!」

フーア「何を言い出すかと思ったら・・・」



シャリム「だって、フーアはレベル上がってるから

色々な服とか武器とか装備できるけど、

あたしは全然変わって無いじゃん!」

フーア「そりゃあ、クエ育ちだから育つのも遅いし、仕方ないじゃない」

むかむかむか

シャリム「20からずっとこの服だよ?

そろそろショートローブ卒業したいのー!」


やれやれ

フーア「・・・・・・分かったわ。

そんなに職服着たいなら、今すぐ狩りに行ってきなさいな」

シャリム「え、今すぐ?」

フーア「ちょうど一段落したし、

私は留守番しているから、ノーザン地方あたり行って狩ってくればいいじゃない」

いきなり言われても・・・

シャリム「今すぐはちょと・・・準備とかあるし」

ちょっとキレ気味

フーア「自分からレベル上げたいと言ったんだから、

さっさと行ってきなさい!!」


シャリム「い、行ってきます;

(フーア、絶対最近カルシウム足りて無いよ~;)」










~しばらくお待ち下さい~










35職装備一式

シャリム「ふー、何とか35になったよ~」

あらあら

フーア「おめでと~。

思ったより可愛いじゃない♪」

ご機嫌

シャリム「ありがと~。

やっぱり、新しい服着るとやる気出てくるー!」

フーア「それならよかったわね。

私も今度はハンター服着たいな~」

シャリム「というと・・・・・・。

あたしはまたしばらくクエ消化のみ?」

フーア「うん、そうなりそう」

シャリム「うう;

転職はまだまだ先っぽいなあ;;

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。