風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第4話 きのこのこのこ・・・TOP├ 第1話~第5話 ≫ 小話第4話 きのこのこのこ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第4話 きのこのこのこ・・・

フーア「ふう、狩りに行くのにドライフルーツ忘れるとはうかつだったわ・・・」

武器はしまいましょう

フーア「確かまだ飛空庭の倉庫にあったはずね。

シャリム、ちょっとタンスからドライフルーツ取ってー」

きのこのこのこ

・・・・・・


ちょっ

フーア「って、何これ!?キノコ!?

やだキノコが生えるほどこの家じめじめしてるっていうの?

掃除は毎日しているのにどうして・・・;」

シャリム「あれ?おかえり?」




キノコの正体

シャリム「狩りに行ったんじゃなかったの?」

もう;

フーア「なあに、シャリムだったの・・・。

脅かさないで頂戴;」

かくかくしかじか

シャリム「タンスの中調べてたら、中の人がくじを引いて当てた

きのこグルミがあったからさ。

ちょっと着てみようと思って」

フーア「そう・・・。

で、着てみてどう?」

にこにこ

シャリム「かわいいし、あったかコートよりふわふわだし、

あたしは気に入ったよ~!」

うーん;

フーア「私はあんまりいいとは思わないけどね;」

シャリム「えー、どうして?かわいいじゃん!」

フーア「可愛い・・・のかしらこれ。

まあ確かに目立つし一目を惹くけどさ、

私はちょっと・・・;」

シャリム「フーアも一度着てみれば、この服の良さが分かるんじゃ?」

フーア「遠慮しておくわ」


空飛ぶキノコ

シャリム「空飛ぶキノコ~♪」

フーア「頭痛くなってきた・・・」

(ん、そういえばあれって・・・)


シャリム「ん、どうしたの?」

フーア思考中

フーア「一応それ、くじ品のシークレットの1つなのよね。

ということは、売ればそれなりの値段に・・・

売っちゃうのっ!?

シャリム「え!?

う、売らないからねこれはっ!!」


フーア「シャリム、最近のうちの状況分かっているでしょう?

木箱開けて一発当てようにも、木片ばかり出るし・・・。

これは貧乏解消のチャンスなのよ!」

シャリム「やだっ。売りたくないー!」

フーア「仕方ないわね・・・」


チェインソードスイッチON

フーア「だったら力ずくでも剥ぎ取るだけ!!」

シャリム「ちょ、剣抜いたし」

フーア「痛い目に合いたくなければさっさとキノコ渡しなさい!」

シャリム「それ、まるで悪役のセリフだよ~;」

必死に詠唱

シャリム「わーん、来ないで~;」

ストーンウォール

シャリム「ストーンウォール!

これで少しはしのげるはず・・・」


フーア「甘いわね」

ソードディレイキャンセル

フーア「とおっ!」

シャリム「げ、全部岩が斬れちゃった;

(そういえばフーア、最近はSTRばっかり上げてたから

昔に比べて力も強いんだっけ;

昔はAGIばっかり高くてSTRよわよわだったのに・・・)

勝利確信

フーア「さて、まだ何かするつもり?」

降参キノコ

シャリム「降参です:

斬られたくは無いです;;

死ぬもん;;


フーア「最初からそうしてればこんな面倒じゃなかったのよ」

シャリム「まだ転職もしていない30後半の巫女に本気にならないでよ;

70台のF系に勝てるわけないじゃん・・・」

フーア「あはは・・・」










こうして私の手元にあったきのこグルミは、売られることになりました。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。