風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第15話 シャリム誘拐事件 1TOP├ 第11話~第15話 ≫ 小話第15話 シャリム誘拐事件 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第15話 シャリム誘拐事件 1

新聞に一通り目を通して

フーア「最近、物騒な事件が多いわね。

遺跡でモンスター虐殺か・・・」

僕も読んだ

マリアナ「ああ、それは僕も聞いた。

幸い、まだ冒険者には被害が出ていないらしいが、

時間の問題かもしれない」

フーア「傷跡からして、ダクストによるものらしいわ。

ダクストっていうと一人しか知り合いいないけど、まさかねー」

マリアナ「・・・・・・」






シャリム、大丈夫かしら

フーア「最近シャリム、一人で出かけることが多いけど、

こんな状況じゃ一人歩きは危ないかもね」

マリアナ「場所が場所だからなおさらだな」

フーア「イーストD・・・。

あそこ、暗くてじめじめしているし、

不審者が出てもおかしく無いわ」

マリアナ「あいつは仮にも2次職、エレメンタラーだ。

ある程度の奴なら、自分で撃退できるだろう」

フーア「そうなんだけど・・・何だか胸騒ぎがするの。

おやつあげるって言われても怪しい人について行っちゃダメって、

普段からよーく言い聞かせてあるけど、

大丈夫かしら・・・。

あ、でも真昼がいるから平気かな」

余計危ないのでは

マリアナ「余計危険だと思う」

フーア「ん、どうして?」



あいつらの特徴はもう把握した

マリアナ「両方とも食べ物には目が無い」



なるほどね;

フーア「なるほど;

否定できないのが悲しいところね・・・





~イースト地方・イーストダンジョン~





スタートラー退治

シャリム「よーし、クエ終わり!」

空改め真昼

真昼「おなかすいたっ!ご飯だご飯ー」

シャリム「うん、街に戻ってご飯食べよっか!」



???「お嬢さん、これから食事かい?」

帰る前にちょっとだけ休憩

シャリム「そだよ~」

???「よかったらうちで食べていかないか?

兄と友人を招いて食事会を開こうと思っていたけど、

張り切って作りすぎてしまってね」

シャリム「それって、あたしみたいな赤の他人が行ってもいいの?」

???「もちろん。君なら大歓迎だよ、シャリム」

シャリム「わーい!

(あれ?でもなんであたしの名前知ってるんだろう・・・)」

いいの?

真昼「でもさ、いいの?

知らない人についてくなって、フーアよく言ってるじゃん」

シャリム「作りすぎちゃったんじゃ、食べないともったいないよ。

それに、お昼代浮くからフーアも喜ぶんじゃないかな~」

真昼「なるほどー。よしよし、よく考えた!」

???「どうだい?行くかい?」

シャリム「行く~!」

???「そうか、それはよかった。

じゃ・・・少しの間眠っていてもらおうか

えっ?

シャリム「え?」

真昼「む?」





眠りについた大食い巫女

シャリム「・・・・・・」

???「これで手筈は整った。あとは・・・」

真昼「・・・ピンチ?ピンチだよね!?

二人に知らせないと!」

これってピンチ?

???「おっと、逃がさないよ。

ネコちゃんに恨みは無いけど、今は事を内密に進めたいものでね」

あたしもピンチ?

真昼「おわっ!・・・あたしもピンチ?」










はたして犯人の狙いとは?
2に続きます。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。