風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第15話 シャリム誘拐事件 2TOP├ 第11話~第15話 ≫ 小話第15話 シャリム誘拐事件 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第15話 シャリム誘拐事件 2

それにしても

マリアナ「今日は遅いな、あいつ」

そうねえ・・・

フーア「いつもなら、ご飯の時間の10分前までには必ず帰ってくるのに・・・。

もしかして、何かあったのかしら」

マリアナ「考えすぎ・・・と言いたいところだが、

あいつは食事の時間は必ず守る。

万が一遅れるとしても、予め連絡を入れるはず」

フーア「そうなのよねー・・・。

最近ホント物騒だし、

探しに行ってみようかな」






???「どこだ・・・」

!?


(侵入者?)

フーア・マリアナ「!」

???「ルジェの末裔はどこだ・・・」

フーア「誰!?姿を現しなさい!」

上!

マリアナ「フーア、上!」



なんかわさわさしてるのが出てきましたよ

???「お前達、ルジェの末裔をどこに隠した?」

マリアナ「ルジェの末裔?」

どこから入ってきたの!?

フーア「ルジェ・・・シャリムのこと?

というか、あんたどうやって家に入ったのよ!

不法侵入じゃない!!」


普通にスルーしてますよ

???「お前達に用は無い。ルジェの末裔を出せ」

フーア「普通に無視されたわ・・・」

マリアナ「シャリムの知り合いか?」

フーア「さあ・・・。

少なくとも、友好的なお友達には見えないわね」

知らないわよ

フーア「シャリムが何処にいるかなんて知らないわ。

むしろこっちが聞きたいくらいよ」

???「嘘をついたところで得はないぞ」

本当に知らない

マリアナ「知らないものは知らない。

・・・もし知っていても言わないが」

それなら

???「ほう・・・。

それならお前達を始末して、その後に探すとするか」

ほんっとうに

フーア「本当に知らないって言ってるのに・・・。

人の話聞きなさいよこらー!!」

マリアナ「何を言っても無駄みたいだな」

あんまり戦いたくは無いんだけど

フーア「あんまり戦いなんてしたくないんだけど、仕方ないわね。

仕掛けてくるのなら倒すまで。

マナ、いくわよ!」

僕も当然戦える

マリアナ「ああ」










成り行きで始まってしまった戦いの行方は!?
3に続きます。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。