小話第15話 シャリム誘拐事件 11

部屋の封印を解いたとは

マリシャス「部屋の封印を解いてここまで来たか。

たかがエミルと甘く見ていた。

しかも、タイタニアの仲間がいるとは・・・」

フーアだけじゃない

マリアナ「どうやら、僕の存在には気づかれなかったようだ。

気配を消して動いて正解」

なめんじゃないわよ!

フーア「そろそろシャリムを返してもらうわよ!」

やれるものなら

アニムス「フフッ・・・君達にできるかな?」





アニムス「エンドライ・・・」

フーア「遅いっ!」

遅いっ

アニムス「ちっ・・・」

消えた・・・

フーア「む、消えてるし」

デッドエンド

マリシャス「・・・デッドエンド」

フーア「!」

おっと

フーア「危ない危ない」

マリシャス「・・・・・・」

消えるなんて卑怯!

フーア「むむ・・・また消えた。

ちょっと!消えるなんてズルい!!」

アニムス「案外強いねえ、赤髪の剣士さん」

マリシャス「はっきり言って、我らの手には負えない・・・」

アニムス「うーん・・・。

それなら、こんなのはどうかな」



今がチャンス!?

フーア(今ならシャリムの近くに、あのわさわさ兄弟はいない。

チャンス!)

それ以上近づくと・・・

マリシャス「それ以上動くと、仲間の命は無い」

シャリム「フーア~;」

フーア「だから?」

マリシャス「?」

フーア「あんた達、いずれシャリムを殺すつもりだったんでしょう?

ここで動こうが動かまいが一緒よ」


アニムス「・・・君の仲間は一人じゃないでしょ?

よく見てみなよ」


負傷

マリアナ「う・・・」

フーア「マナ!?」

気配を消すのは得意

アニムス「気配を消すのはボクも得意なものでね。

そこのタイタニアにこっそり奇襲をかけさせてもらったよ。

急所は外してあるけど、もう虫の息ってところかな?」

フーア「・・・卑怯者っ!」

後ろ!

シャリム「フーア!後ろ!!」

フーア「え?」










フーア達、ピンチな予感。
12へと続きます。

Comments 0

Leave a reply