小話第17話 封印されしもの

アンデット城再び

ティル「・・・・・・。

禍々しい気・・・ここから・・・。」

紋章紙を使いますか?

ティル「あの兄弟とは別の、もっと大きな魔力を持った者・・・。

ここの魔物は、あの人が封印しに来たはず。

魔物自体は命を引き換えにすることで封印できたけれど、

魔物の『気』と『魔力』は抑えられなかったということなのでしょうか・・・」





あなたは・・・!

ティル「・・・!

フレア・・・。

やっぱり、ここにいたんですね」

フレア「ティルヴィア・・・。

ティルヴィアなの・・・?」

封印を・・・

ティル「え・・・?

うそ、封印が解けているの!?」

カゲ

ティル「よく聞き取れません・・・。

誰かに妨害されてる可能性が高いですね」

分かってます

ティル「大丈夫、分かってます。

あなたから教えてもらったのは、封魔だけじゃない。

封印の方法だってちゃんと覚えてます」





カゲ・・・

ティル「隅、カゲ・・・。

紋章紙を使えば、姿は見えるはず。

・・・・・・」

そこっ!

ティル「そこっ!」



カゲ

ティル「これが、カゲ・・・」

あとは・・・コロン

ティル「あとは属性のコロンを使えば、封印ができる!」

いきます!

ティル「いきます!」





・・・・・・





封印完了です

ティル「これで封印完了です」



これで・・・

ティル「フレア、一体何があったのですか?

あなたが生命を使った強力な封印さえ、解けかけているなんて・・・」

各地で起きている

フレア「ティルヴィア・・・あなたも薄々感じているとは思いますが、

エミルの世界に点在する数々の封印が弱まっています。

ルジェによって施されていたドミニオンの兄弟の封印も、

私の施した、アスタロトの封印も・・・。

理由は分かりませんが、各地で封印が解けかけているのは事実です」

そんな!

ティル「そんな・・・。

封印が解けてしまったら、魔物が!」

フレア「現にいくつかの封印が解け、

魔物が復活しているようです」

ティル「止める方法はないのですか?」

フレア「現時点では、打つ手はありません。

私が動ければよかったのですが・・・今は思念だけがこの地に留まるだけ。

各地で封印を施したルジェや他の術師もすでに亡くなった上、

大掛かりな封印をすることのできる術師も、

今の世ではほとんどいないと言っていいでしょう」

ティル「・・・だったら、わたしが!」

フレア「いいえ、ティルヴィア。

あなたは、あなたが施した封印を守るべきです」

ティル「でも!」

一人では抱えきれないほどの封印

フレア「あなたはすでに、一人では抱えきれない封印を施しているのだから」

やっぱり、分かりますか?

ティル「・・・やっぱり、分かりますか?」

フレア「ええ。

あなたともう一人・・・何方かは存じませんが、

とても大きな封印を施したようですね」

ティル「・・・はい」

フレア「これ以上他の封印などしたら、あなたの体が持ちません。

あなたは、あなたとその大事な封印を守るべきです」

ティル「・・・・・・」

フレア「・・・あ!

避けて!」

魔物の干渉

ティル「!?」

逃げて!

ティル「フレア!」





・・・・・・





ティル「入れない・・・。

さっきのノイズも、あの魔物の仕業だったのですね・・・。

絶対に、守ります

ティル「・・・フレア。

わたし、絶対にこの封印を守ります。

命に代えてでも・・・絶対に守り通します!

それが恩師であるあなたに対する、今のわたしができること。

そして、わたしの親友であるあの人への・・・償い










今回はティルメインでの小話でした。
どちらかと番外編に近いかな?という気もしますが・・・。

Comments 0

Leave a reply