風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第20話 ハルとマナの料理対決 5TOP├ 第16話~第20話 ≫ 小話第20話 ハルとマナの料理対決 5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第20話 ハルとマナの料理対決 5

そろそろ帰る

マリアナ「そろそろ帰ってご飯の下ごしらえをしないと。

僕は帰る」

あたしも~

シャリム「あたしも帰る~」

ユキナ「そっかあ。

また遊びに来てね~。

可愛い子とカッコイイ人はいつでも大歓迎よ!」

シャリム「またケーキ食べにくるよ~」

シャハル「マリアナ」

マリアナ「?」

今度は負けねえ!

シャハル「今回は負けたが・・・今度は負けねえ!

お前のようなにシャリムは絶対に渡さないからな!!」


マリアナ「・・・・・・」



シャリム「ほえ??」

ユキナ「ハルくんまさか・・・」

(やっぱり気づいていなかったか・・・

マリアナ「僕はだが」

そんな馬鹿な!

シャハル「は!?

そ、そんなはずがない!

一人称が「僕」な上、ズボンだし、

どこからどうみても男じゃないか!!

どんのかんねえ

ユキナ「ハルくんって馬鹿?

マナは女性よー。

今時、自分のことを僕って言ったり、

ズボンをはいてる女の人なんていっぱいいるじゃない」

シャハル「オーナーもさっきこいつのこと、カッコイイって言ってたじゃないですか」

ユキナ「カッコイイのと性別は別よ!

まったく、ハルくんがこんなどんかんだとは思わなかった・・・」

シャハル「!?!?」

とにかく帰る

マリアナ「・・・とにかく、僕は帰る」

待って~

シャリム「あ、マリアナ待って~」

ユキナ「二人とも、またね!」










まさか・・・

シャハル「まさか女だったとは・・・(ぶつぶつ)」

ゴツン

シャハル「い、痛え・・・」

五月蝿い!

ユキナ「ハルくんちょっと静かにして!

電話するんだから」


シャハル「は、はい;」

ユキナ「・・・もっしもーし、黒商くん?

って留守番電話かいな!

ったく、しょうがないわねぇ・・・。

それならルリスちゃんに聞いてみますかな」

電話中

ユキナ「・・・もしもし~、ルリスちゃん?

ちょっと聞きたいことがあるんだけどいーい?

ん?あー・・・。

分かってるって、サービスするからさぁ・・・。

・・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・。

うん、ありがとうね、じゃあまた~」

電話中

ユキナ「ハルくん、私また出かけてくるね。

庭使うから、今日はもう帰っていいよ」

シャハル「え?」

あの(ケチな)オーナーが・・・

シャハル(あのオーナーが飛空庭を使って移動するなんて・・・。

よほど急ぎの用事なのか・・・?)

容赦なし

ユキナ「ほら、さっさと降りないと庭から蹴落とすわよっ!

蹴落とすのは・・・

シャハル「け、蹴落とすのは勘弁してください;

すぐ降りるんで・・・。

お疲れ様でした・・・」

ユキナ「お疲れ様~」





ユキナ「・・・・・・」

急がないとね

ユキナ「・・・さて、間に合うといいんだけど」










遅くなりましたが、料理対決編はこれで終了。
これでようやくクロウスさんのブログが連動記事進められる・・・。
待たせてしまってごめんです(汗)

今回、RMとフレの商人さんの名前を小話中にお借りしました。
ご協力感謝!

Comment

からからまわるww
編集
我らがアイドル、ユッキーナ★ 文明の利器もお持ちだッ!
シャハル君めっwww ちょっとマリアナさんが可哀想だッ!!
普通、名前聞けば判りそうなのにねぇ。
ユッキーナ、(≧∇≦)ъ ナイス!パンチ!!
しかし……ルリス、ユッキーナ相手でも交渉www
守銭奴でスイマセ…Orz
2008年11月30日(Sun) 06:46
コメントへのコメントです
編集
>リスさん
すっかりユキナがアイドル化してしまっている・・・。
確かに、普通は名前聞けば分かるよね、普通は。
でもそれだけハルがどんかん(byユキナ)ということかと・・・w
妹しか眼中にない、とも言えるのかも。
2008年12月05日(Fri) 14:15












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。