風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 『正義』をつらぬく映画TOP日常の事。 ≫ 『正義』をつらぬく映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『正義』をつらぬく映画

こんばんはっ。
今日は劇場版TOV(テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~)を観てきました。

パンフレット

パンフレットの写真。
豪華版があったので、思わずそっちを購入・・・。

以下追記で感想。





久々にアニメの映画を観ましたが、クオリティ高いなあと感じました。
TOVを実際にプレイしたときもグラフィックのクオリティに驚きましたが、映画も負けていません。
実際のゲームと違和感がないというのも良い点。
同じプロダクションI.Gが作っているので当然かもしれませんが、同じ元作品を同じ会社で制作していてもたまに違和感がある作品もあるので、そこは一安心。
ただ、場面転換の際、間の状況が把握できず「?」となるようなシーンがあり、そこが気になりました。

個人的には、ゲーム未プレイでも楽しめるんじゃないかなーと思います。
先にプレイしていた身としては、「あー!」と思う点もがちらほらあって、面白さが増しましたw



ついでに主要登場キャラについて、ネタバレしない程度にメモ書き。
映画のみの登場キャラは反転で。

ユーリ:ユーリ独特の皮肉めいた言い方含め、昔も今もあまり変わってないなあ。
フレン:今よりも型物・・・と思いきや若さゆえにちょっと暴走?w
ラピード:昔から何かしら咥えていたんだね、可愛い。
エステル:他のキャラと比べると、映画のエステルは幼く見えたような気が。
リタ:研究所はどうなったんだろうw
レイヴン:おっさんのおかげで奴が怪しいということを確信。
アレクセイ:こ、この人はホントにもう・・・。

ナイレン:隊長・・・本当にいい人だわー・・・。
シャスティル&ヒスカ:見た目はそっくりだけど、性格と喋り方(と体格w)は結構はっきり違った双子。
 

   
日常の事。 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
うちの周りだともうとっくの昔(3ヶ月近く前)に終わってるのに…
こんなあとになってもやってるところあったんだ…
昔のラピードは確かにかわいい。(実はマスコットちょっとほしかった)

時期的に本編の3-4年くらい前の話っぽいけど、映画版とゲーム版両方見きった身としては、大分成長してるなぁと思った。(だって映画だとフレンまで酒場で暴れるし…)
リステルとまいたけは共に割りと出番は少なくて、おっさんはメインキャラ勢の中ではわりと出番は多めだったかな。
リタ、寝ながら詠唱完成済みって怖いわ…本編スキットで言われてたこと実行済みとは。
まいたけなんかはある意味人気あったから出たのかなぁと後々思ってたり。
PS3ゲーム版だとよりつながりがはっきりしてるから、プレイ前に見た身からすると、「ああ、納得。」
なんて箇所が多くてより楽しめたり。


(リステルはリタのレビテーション取得後より)
2010年01月24日(Sun) 23:32
コメントへのコメントです
編集
>クロウスさん
今月から地元で(といっても電車で1時間程かけて行った)公開されたから見に行ってきたのさー。
土曜とは言えあれだけ人がいるとは・・・テイルズ好きな人結構多いんだなあって感じたよ。
ラピードのマスコットあったのΣ
それは私も欲しかったかも。

2010年01月25日(Mon) 17:59












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。