風車鞠 ~ふーしゃまり~

暴走剣士と大食い巫女とクールな農家がECOで繰り広げる冒険と物語っぽいもの。 こっそりひっそりまったり更新中・・・。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 小話第23話 探す者と捜す者 1TOP├ 第21話~ ≫ 小話第23話 探す者と捜す者 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

小話第23話 探す者と捜す者 1

~モーグシティ・某所~





シャハル「現在被害が報告された店は16件。

狙われたのは酒屋を含むアップタウンの飲食店ばかり。

犯人の姿を見た者はおらず、店側も心当たりはない。

器物損害はあるが、従業員などに怪我はなく、

悪質ないたずらとみてマーチャントギルドが調査に当たっている、か」

モーグにて情報整理

シャハル「一つの店だけが何度も被害にあっている訳でもないし、

特定の店への嫌がらせではないな。

共通点は飲食店、そしてアップタウンということだけか。

単なるいたずらとはいえ、

うちの店が被害にあったら俺の首がマジで危ねえからな・・・。

どうにか情報を集めねえと」




???「しばらく探したが、ここにはいなそうやなー。

一体どこにいるんやろ」

尋ねたいことが

???「お、こんなところに人が。

おーい兄ちゃん、ちょっと聞いてええか?」

シャハル「?」

探しているんや

???「フーアって女を捜してるんやが、

兄ちゃん、聞いたことあらへん?

わいが知ってる限りやと、変わった剣をもった剣士なんやが」

シャハル(フーア・・・?)

「悪いが、知らないな」

???「知らんかー・・・。

やっぱりこの辺にはおらへんようだのう」

シャハル(この男、フーアの知り合いか?)

・・・!?)

???「なあ兄ちゃん、この世界で一番人が集まる街ってどこや?」

シャハル「アクロポリスシティだと思うが」

???「どうやって行くん?」

シャハル「ここから軍艦島へと渡って、

ずっと東に行ったところにある大きな街だ」

そうかそうか

???「そうかそうか。

兄ちゃん、親切やなー。

ここには来たばかりでよく勝手が分からのうて困っとったんや」

シャハル「気にするな」

???「そこに行って探してみるかのう。

あんがとなー」

シャハル(何だこの寒気は・・・。

あの男、表の人間じゃないな・・・?)






~翌日、同シティペット酒場~





ペット酒場マスター

マスター「へえ、アクロポリスではそんなことが起きているんだ」

シャハル「モーグは平和なようだな」

マスター「平和・・・といえば平和かもしれないね。

最近はディアマントの不正事件も落ち着いたし。

マーチャントギルド総本山を中心として

金絡みの怪しい動きがあるのはいつものことだし


相変わらず変わらねえな

シャハル「ここは相変わらず変わらねえな」

マスター「変わらないね。

・・・と言いたいところだけど、

最近、アクロのその騒動より物騒な事件が起きているよ」

シャハル「物騒な事件?」

マスター「通り魔さ。

ここ一週間、夜のモーグで女性が襲われる事件連日起きている。

ファイターギルドと騎士団が協力して捜査にあたっているけど、

なかなか進んでいないみたいだよ」

通り魔

シャハル「通り魔か・・・。

モーグは常に厚い雲に覆われ、昼間でも薄暗い場所が多い。

通り魔としては絶好の場所だな」

マスター「あー、そうかもしれないね」

シャハル「襲われた女に共通点はあるのか?」

マスター「確か、被害者は皆10代から20代の若い女性。

しかも、赤い髪の女性ばかり狙われているらしい」

シャハル「赤い髪・・・」

マスター「さては、犯人は赤い髪の女性にふられたりでもしたのかな。

そういえば、今日は珍しく通り魔の話を聞いてないなあ」

シャハル「毎日通り魔事件が起きていたのか?」

毎日だよ

マスター「さっき言った通り、一週間毎日だよ。

通り魔に関しては今モーグで最も話題になっていることだから、

事件が起きたら誰かしらの口を通して話が広がるはずなんだ。

夜にいつも起きているから朝の新聞に載ると思ったんだけど

・・・ああ、やっぱり新しく事件が起きたとは書いてない」

シャハル(今まで連続で起きていたのに、昨日に限っては起きなかった?)

マスター「これで事件も収まればいいけどね。

うちの酒場は女性のお客さんも多いから、

通り魔のせいでお客さんが減って困っていたんだよ」

一つの考えが頭に浮かぶ

シャハル「・・・そうか。

マスター、邪魔したな」

マスター「またいつでもどうぞ」










モーグで起きた新たな事件。
そして、フーアを捜す新たな登場人物。
これらの展開は今後どうなっていくのでしょうか。
2へと続きます。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。